« 大とろ?大うそ? | トップページ | 履物と傘の物語と里山資本主義 »

あたらしい憲法のはなし

六 戦争の放棄


 みなさんの中には、今度の戦争に、おとうさんやおにいさんを送りだされた人も多いでしょう。ご無事におかえりになったでしょうか。それともとうとうおかえりにならなかったでしょうか。また、空襲で、家やうちの人を、なくされた人も多いでしょう。いまやっと戦争は終わりました。二度とこんな恐ろしい、悲しい思いをしたくないと思いませんか。こんな戦争をして、日本の国はどんな利益があったでしょうか。何もありません。ただ、恐ろしい、悲しいことが、たくさんおこっただけではありませんか。戦争は人間を滅ぼすことです。世の中のよいものを壊すことです。だから、今度の戦争をしかけた国には、大きな責任があるといわなければなりません。この前の世界戦争の後でも、もう戦争は二度とやるまいと、多くの国々ではいろいろ考えましたが、またこんな大戦争をおこしてしまったのは、誠に残念なことではありませんか。

 そこで今度の憲法では、日本の国が、決して二度と戦争をしないように、二つのことを決めました。その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、一切持たないということです。これから先日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは「すててしまう」ということです。しかしみなさんは、決して心細く思うことはありません。日本は正しいことを、ほかの国より先に行ったのです。世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
 もう一つは、よその国と争いごとがおこったとき、決して戦争によって、相手を負かして、自分の言い分を通そうとしないということを決めたのです。おだやかに相談をして、きまりをつけようというのです。なぜならば、戦をしかけることは、結局、自分の国を滅ぼすようなはめになるからです。また、戦争とまでゆかずとも、国の力で、相手を脅すようなことは、一切しないことに決めたのです。これを戦争の放棄というのです。そうしてよその国と仲良くして、世界中の国が、よい友だちになってくれるようにすれば、日本の国は、栄えてゆけるのです。
 みなさん、あの恐ろしい戦争が、二度と起こらないように、また戦争を二度と起こさないようにいたしましょう。

 

 

※「あたらしい憲法のはなし」より抜粋

※「あたらしい憲法のはなし」は1947(昭和22) 文部省が発行した中学校1年生用の社会の教科書です。

※読みやすいように漢字変換しています。




|

« 大とろ?大うそ? | トップページ | 履物と傘の物語と里山資本主義 »

本や音楽の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大とろ?大うそ? | トップページ | 履物と傘の物語と里山資本主義 »