« 2012年2月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

月の光

先日、ラジオを聞いていたら、鬼束ちひろさんがシンディ・ローパーさんの曲を歌っていました。

今の鬼束さんの状況は全く知りませんが、音楽と声がマッチしていて、もっと聴きたいと素直に思いました。

鬼束さんといえば「月光」をよく聴いたものです。

月というものは、不思議なもので、昔も今も、洋の西も東も、何か惹き付けられるものがあるんですね。

日食も月があってこそですし。

ドビュッシーさんも、ベートーベンさんも、月に関する曲を作っています。
(ベートーベンの月光は、他の人が付けたらしいですが)



月に関する本で感心したのは、和田誠さんの「ぬすまれた月」です。




月がどうやってぬすまれてしまうかは、内緒です。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年6月 »