« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

くっすん ふたたび

先日、くっすん大黒のことを書きました。

大黒さんと、ゴミ捨て場が関係するおはなしです。


朝、近くを歩いていると、あるゴミ収集所の前に、なにやら怪しい物体が。


よく見ると、なんと大黒天さんではありませんか。

くっすん大黒が本当になったようなお話です。



数日後、その場所を通ったら、最初からいなかったかのように、姿を消していました。





P6150028



町田康「くっすん大黒」

| | コメント (0)

アンダーグラウンド

1994年6月。

独り暮らしの部屋でそのニュースを聞き、怖くなって急いで窓を閉じました。

その日はもう夏のように暑く、エアコンのない部屋の窓を全開にしていたのです。

サリンという殺人的なガスを知ったのはその数日後でした。


1995年3月。

九州にとんこつラーメンを食べに行こうとした、まさに出発直前。

東京の地下鉄の駅で、何か大変なことが起こった、という映像がテレビから流れていました。

そこで用いられた凶器は、サリン。


あれから14年。

「アンダーグラウンド」を読みました。

なぜこの時期だったのでしょう。


あの時、あの地下鉄で何が起こっていたのか。


被害者というブロックではなく、個人という最小単位に分解し、その時の状況を明らかにします。


悪とか善とかを飛び越え、とても客観的に。


客観的だからこそ、雨の日にただ雨を眺めていたいような、なんとも言えない感情を持ちました。




村上春樹「アンダーグラウンド」

| | コメント (0)

さんざんまたせて・・

お店を初めてから、よかったことのひとつに上嶋さんとの出会いがあります。

どういいかというのは、ご本人もこのブログを見ているかと思いますし、まあぼくが恥ずかしいというのが大きな理由ですが、割愛させてください。

その上嶋さんがライブをします。


「さんざんまたせてごめんなさい Vol.1 ゲスト:竹原ピストル(ex:野狐禅)

2009.7.22
浜松窓枠
18:00 オープン
19:00 スタート
前売り 1,500円
当日  2,000円

詳細はこちら(窓枠さんのホームページ)
http://www.h7.dion.ne.jp/~mizu.k/


こんなこともしているそうですよ。
http://www.ikimausu.com/






このライブのタイトルは、遠州地方にゆかりのあるあの方の絵本から・・。

P6170031

| | コメント (4)

家出娘

月曜日の閉店後、店内を見回していたら、ノートが一冊家出していることに気がつきました。

ノートとは、昨年の12月からみなさんに書いてもらっている、あのノートです。

トイレの隅も、本棚の裏も、押し入れも、探したけれど見つかりません。

きっと何か不満があったのでしょう。

でもきっと帰ってきます。

ぼくは不満を想像し、それを出来る限り解消し、背筋を伸ばし待つ事にしました。


曇天模様の下で何を思っているんでしょうか。

中田島砂丘で、浜名湖畔で、新緑がだんだん新緑でなくなる森の中で。


どこかでノート、見かけませんでしたか?



--

それから、水曜日と木曜日、傘のお忘れ物が一本ずつありました。

家出の心配をしている、心当たりのある方、おっしゃってください。

--




くるり「家出娘」

| | コメント (2)

探しています。

犬、猫、鳥、亀など、出て行ってしまったペットたちを、必死の思い出探しているだろうと思われる張り紙を全世界から集めた本があります。

ペットを見つけたお礼が100万円もしたり、金額で愛の重さは履かれないけれど、それでも大切にしていたのだろうという気持ちは伝わります。


昔、猫を飼っていました。

名前は、黒いから「くろ」。

ちなみに、犬は白いから「しろ」でした。

安易な名付け方ですが、絶対に忘れません。

この猫もたまにふらっとどこかへ行ってしまいます。

けっこうのほほん家族なので、張り紙こそしませんでしたが、たまには心配もしました。

そうこうしていると、思い出したようにふらっと帰ってきます。

2,3日の時もあれば、1週間の時も。長い時は数ヶ月ってこともあったのかもしれません。

そもそも猫ってそういう習性なのでしょうね。



探しているものがあって書きはじめたのですが、少し長くなりそうなので次回に続きます。






イアン・フィリップス「LOST」

| | コメント (0)

6/8 おはなし会

今回も無事終了しました。

お越しいただいた方、ありがとうございます。

音楽付きの三四郎

中編の高瀬舟

それから石垣りんさんの詩。

どれも雰囲気があって、これぞ朗読、ですね。

次回は7月13日 月曜日になります。

--

6/8の月曜日、14時〜 です。

お天気も大丈夫そうですね。

--

一ヶ月ってあっという間ですね。

6月のおはなし会の告知です。

6月8日 14時〜
500円 のみものつき

・六月    茨木のり子
・くもの糸  芥川龍之介
・高瀬舟   森鴎外
・三四郎   夏目漱石
・ハイチの昔話 ふくろう
・しろいうさぎとくろいうさぎ ガース・ウィリアムズ
・表札・儀式  石垣りん
・奈々子に   吉野弘



朗読してくださる方も同時に募集中です。
朗読といっても、何か習っている必要はありません。
自由に、楽しく、時には間違えるのも味になると思っています。

お気軽にご連絡くださいね。

メール uehara11ro@nifty.com
電話 053-453-7335

| | コメント (2)

ひつじは勘定に入れません 3匹目

6月は陰暦の異称で、水無月。

暑くなってきて水が無くなるから、と覚えていましたが、

本当は 

田植えに多くの水を必要とする月の意

ということだそうです。


静岡市の古道具屋さんも水無月。

いい名前ですよね。



今日、メールマガジン3匹目を発行しました。

登録・解除はこちらからどうぞ。

http://www.mag2.com/m/0000289360.html

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »