« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

絶対、最強のスパイラル

大野くんは彼女に言います。

「相手が嬉しかったり、幸せを感じてくれたら、それはもう、自分にとって何より嬉しいし、幸せだなって思った。」

どちらかが幸せと思えば、もう一人が幸せに思い、それを見てさらに幸せに感じる。

どんどん上がっていくスパイラル。



先週、良いことがいくつかありました。

東京と京都の方が、ほぼ中間の浜松に旅行に。ついでにひつじ日和に寄っていただいたこと。

あるお客さんに「大きな本屋さんで出会えなかった本に出会えた」と言ってもらえたこと。

ひつじ日和で販売している羊毛作家さんが、一つ上のステージに上がれたこと。

お店をやって良かったと思う瞬間です。

これも最強のスパイラル。



昨日、閉店後、本棚を見ていて、荻窪の古本屋情報が載っているフリーペーパーが無い事に気がつきました。

店内専用に置いておいたのですが、きっとお客さんはそんなことがわからず、持っていったのでしょう。

少しがっかりしたのですが、すぐにそういう運命なんだ、そして、そんなところに留まってはいけないと思いました。

どうせならフリーペーパーで最強のスパイラルができないかと。

思いつきですが、フリーペーパークロッシング始めます。


・旅行のついでに、全国、全世界のフリーペーパー(印刷物)を持ってくる。

・ひつじ日和に置く。

・ひつじ日和からは、誰でもどれでも持ち出し可。


単純だけれど、強固で頑丈なスパイラル。   になりませんかね。


みなさん、思いついたらでいいので、ご協力お願いします。



そうそう、12/20 土曜日 にイベントを予定しています。

詳細はまた別途お知らせします。



中村航「絶対、最強の恋のうた」

| | コメント (6)

フリーペーパークロッシング

フリーペーパークロッシングの概要

・何かの旅行のついでに、全国、全世界のフリーペーパーを持ってくる。

・ひつじ日和に置く。

・ひつじ日和からは、誰でもどれでも持ち出し可。



| | コメント (0)

イン・ザ・コーヒー

Pa200141



奥田英朗さんの「イン・ザ・プール」には様々な心の疾患を持った人たちが登場します。

しかし、それよりももっとすごい疾患を有しているのではないかというお医者さん、伊良部さんに出会い、少しずつ回復していきます。決して医療行為ではないのですが・・。

ある日の夕方、コーヒー豆が残り僅かとなりました。

コーヒーは結構でるメニューなので、ちょっと心配になりました。

夕方5時。

残りの豆を計量。いつもはそんなことしないのに。

だいたい17杯分。

営業時間あと6時間。

1時間で3杯以上でると不足します。

ひつじ日和にとってはハードルは高いのですが、少し不安です。


お客さんが入ってきました。

注文はコーヒー。

最近、夕方はめっきり肌寒くなってきたので、ホットコーヒーがよく出ます。

不安の固まりが一回り大きくなりました。

伊良部さんがそこにいたら絶対に相談に行こうと考え出しました。


豆屋さんに電話しようかな。と電話番号を確認。

でも取りに行けないしな・・。


つぎのお客さんはコーヒーをポットで。

心の中で「ああ、豆が。。」と思いながら、表情にはできるだけ出さないように。


ぼくは覚悟をしました。

「今日はコーヒーを切らしてしまいました。ごめんなさい。」とう勇気を持とう、と。

伊良部さんがいなくても問題は解決できるのです。


勇気を振り絞った瞬間、お客さんの足が途絶えました。



ぼくはすっかり忘れていました。




今日は日曜の夜ということを。










奥田英朗「イン・ザ・プール」

| | コメント (7)

2008年の真実

大学受験がすぐそこに迫った2月。

勉強をしようと図書館に行きました。

数学の勉強をしていたのですが、当然なのだけれど、周辺には本がいっぱいあるので気になります。

ふと手に取った本を読みはじめました。

JFケネディの暗殺に関するもので、ぐいぐい引き込まれてしまいました。

ケネディを殺したとされるオズワルドは、実は犯人では無さそうなこと。

暗殺の裏には大きな欲望が渦巻いていたこと。

結局図書館で読み切れず、本屋さんで買って帰る事に。

当然家に帰っても読んでしまいます。

完全に図書館に行った事が裏目に出てしまいました。



ひつじ日和でも勉強をする人がちらほら見え始めました。

頑張る人を応援します。

勉強机を用意しました。

昔の学校の机と椅子。卓上ライト完備。

そしてなんと、この机には好きな人の名前を書いたと思われる痕跡があります。ハートマーク付きで。

愛を感じてください。

弱気になったときの為に、岡本太郎「強く生きる言葉」を近くに置きました。

強くあってください。

先着1名様。

どなたもどうかご利用ください。決してご遠慮はありません。

そして、このハートマークを書いた人も探しています。

手がかりは全くありません。

見つかったら奇跡ですね。


Pa150136







落合信彦「2039年の真実」
岡本太郎「強く生きる言葉」
宮沢賢治「注文の多い料理店」

| | コメント (8)

ワッホー日和

年に何度か、プロ野球全6試合の結果がおなじような日があります。

例えば、全試合1点差とか、全試合大差で勝負がつくとか。

高校野球もそうかも知れません。

小学校のとき、このことを疑問に思い、天気とホームランの数を調べたら、何かあるんじゃないかと思いました。


しかし問題があるのです。

各球場の天気データを調べる事ができないんです。

今ならインターネットで気象庁のホームページを見れば、ほぼ追跡できると思います。

なす術を知らないぼくは、後ろ髪をひかれる思いであきらめました。


今日、ひつじ日和でも似たようなことがありました。

みなさんワッフルばかり注文されるのです。

ホットサンドは一つ、フォンダンショコラは0。

あとはみんなワッフル。

お持ち帰りもワッフル。


こんなにワッフルを焼いたのは、人生で初めてです。

今日浜松で一番ワッフルを焼いた人間です。ワッフルダコができました。

 

ワッフルを食べたくなるような日。

2008年10月11日。


それは秋だからなのか、お天気が良かったからなのか、三連休の初日だからなのか。


今後、その傾向を探りたいと思います。


自由研究として。






林 雄司, 大塚 幸代, 住 正徳 「おとなの自由研究」    

| | コメント (7)

イロトリドリノセカイ

昨日のお昼は、foo-rinさんに行ってきました。

七色が初秋の風に乗る中、自転車をこいで。

本当にこのお店が好きだな、としみじみ思いました。

この世界に彩りを添えているお店の一つ。


それから、○友で避難訓練の場に遭遇。

従業員さんが地震か何かを想定して、お客様を誘導しながら逃げる、という感じでした。

やっぱり恥ずかしさがあるのか、真に迫っていなくて、安っぽい日本映画のよう。

でもそんな雰囲気も嫌いじゃありません。

これも彩りかな。


数日前、お店の常連さんと深い話しをしました。

問題意識というか、やりたいこととか、根底のところでつながっている気がしました。

ぼくらも、この世界に、0.1色くらいでいいから、彩りを添えることが出来たなら。

そんなふうに感じたのです。






真っ黒くしちゃったりして・・。








JUDY AND MARY 「イロトリドリノセカイ」


| | コメント (2)

大切なのは意志と勇気

Pa010110


その本を、大好きな友達に薦められて読んだのは、3年くらい前だ。


深夜のガソリンスタンドでバイトをする半沢良。

ぼくも静岡インターの近くのガソリンスタンドで深夜バイトをしていたことがあった。

「リレキショ」の舞台は、ぼくの頭の中ではあのガソリンスタンドだ。

そして半沢良になりきる。

どこでもいける切符2号のようなものは持っていたし、加藤さんのような人もいた。

でもウルシバラ的な女性は、そのガソリンスタンドには現れなかった。

ウルシバラはきっとあのマンションに住んでいるに違いない。

どうして気がつかなかったんだろう。



大切なのは意志と勇気。




この言葉に何度も救われた。

中村航さんに出会えてよかった。





ひつじ日和では、今日から中村航さん、宮尾和孝さんのサイン本を販売します。

みんな違うコメントが書いてあって面白いんです。

中村航さん、宮尾和孝さん、ありがとうございました。






中村航「リレキショ」

| | コメント (8)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »