« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

奇妙な夢

奇妙な夢を見た。

何かを求めてお向かいさんの家に侵入する。

それが何かわわからないけれど、きっと何かを表しているメタファーなんだろう。

お向かいの家は、普通の作りのようだが、実は玄関が二重になっている。

まるで地下の金庫のようだ。

きっと何かすごいものがあるに違いない。

けれど、それ以上侵入できない。

そんなテクニックがあるわけでもない。

諦めて帰ろうとしたところ、家主が帰ってくる。

ぼくは言い訳を考えた。

口からでまかせの言葉を並べる。

とても現実的とは思えない。

家主の顔から疑いの色は消えない。

でもなぜか警察も呼ばれず、帰してもらえた。

数日後、保険の外交の方が調査に来る。

「あなたは何をしていたのですか。本当の事を言えば許されます。」

本当に何を探していたのかわからないぼくは絶句し立ち尽くす。




きっと何かのメタファーなんだろう。




思いを飲み込んだ昨日より、

さらけ出した今日の方がより、

多少黄ばんで見えたりしてるけれど、

愛しさは増えるよ。









Mr.Children「Pink〜奇妙な夢」

| | コメント (0)

ブラウニーでも、オーガズムでもないけれど

チョコレット・オーガズム というお菓子があるそうです。

でもどんなお菓子か知りません。

こうばしい日々では、パーネルさんがダイに チョコレートブラウニーを焼いてくれます。

どちらもチョコのケーキが食べたくなる作品です。

季節もだんだんチョコレートと相性が良くなってきました。


ひつじ日和でもチョコレートのケーキを始めました。

ブラウニーじゃないけれど、オーガズムでもないけれど。

フォンダン・ショコラ    450円
コーヒーor紅茶のセット  600円

品切れの場合は許してください。




野中柊「チョコレット・オーガズム」
江國香織「こうばしい日々」








| | コメント (0)

もし僕らのことばが・・・

アイラウィスキーはご存知でしょうか。

スコットランド、アイラ島で作られているウィスキーです。

豊で美しい自然と、そこに暮らす人が作る琥珀色のお酒。

人々は子供が生まれるとウィスキーで祝杯をあげ、人が亡くなると黙ってウィスキーで喪に服します。

村上春樹さんがアイラ島のボウモア蒸溜所を訪ねたとき、マネージャーの ジム・マッキュエン氏は、言いました。

「みんなはアイラ・ウィスキーの特別な味について、あれこれと細かい分析をする。大麦がどこう、水の味がどうこう、ピートの匂いがどうこう。。
 たしかにこの島では上質の大麦がとれる。水も素晴らしい。ピートも潤沢で、よく匂う。それは確かだ。でもそれだけじゃ、ここのウィスキーの味は説明できないよね。その魅力は解明できない。一番大事なのはね、村上さん。一番最後にくるのは人間なんだ。ここに住んで、ここに暮らしている俺たちが、このウィスキーの味を造っているんだよ。人々のパーソナリティと暮らしぶりがこの味を造りあげている。それが一番大事な事なんだ。」


ひつじ日和で、アイラ島の人々の暮らしぶりを味わってみませんか。


秋の夜長に、本を片手に。



ボウモア ウィスキー  1オンス 600円




あ、それからレモンのハーブティーも1週間くらい前からはじめました。

今は存在しない京都丸善書店に、レモン爆弾を置いてくるあの作品から・・。







村上春樹「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」
梶井基次郎「檸檬」

| | コメント (6)

くわえたばことパンクのブルース 

その朝、ワッフルの醗酵を開始し、買い物に出ようとしたところでした。

近所のおじさんが回覧板を持ってきたのです。

「はじめて入ったよー」と言いながらお店を見ています。

おじさんの付近から何やら煙が。

タバコを持っているじゃないですか。

禁煙です。とは言えず、煙を見上げる。

「戦争に行っていたんだよ」

戦争の話しがはじまってしまいました。

朝はあまり悠長にしている時間がないのでかなり焦ります。

「広東に行っていてな。はがき一枚分のお金で行かなきゃ行けないんだよ。」

たばこの灰が床に落ちます。

スライディングして受け取りたいくらい。

「はがき一枚の値段知っているかい?」

10分くらいお話を聞いて切り出しました。

「すみません、今から買い物に行かなきゃ行けないんです。」



まず、灰を掃除し、臭いはどうにもならないので、仕方なく買い物に。

外に出て、自転車を見てびっくり。

タイヤの空気が完璧に抜けています。

とりあえず空気を入れる。

お、大丈夫。

自転車で10分弱のスーパーに向かいます。

買い物をして、お店を出て今日何回目かの驚きが。

またもや空気がない。

時計を見る。9時50分。

歩いてもなんとか開店に間に合うか。

仕方がない。歩こう。

明日休みだから、パンクは明日直そう。

と、歩き出した途端に自転車屋さんが。

捨てる神あれば拾う神あり。

再度時計を見る。まあ普通なら修理しても間に合うはず。

「すみません、パンク直せますか?」

「それは空気が抜けているだけじゃないの?」

「いえ、さっき入れたばかりなので・・・」

自転車やさんはのんびりとバイクのオイル交換をしています。

時計を見る。大丈夫かな。

「ちょっと待っててね。」

かなりのんびりな自転車屋さん。

焦っちゃいけないと言聞かせながら待つ。

やっと修理開始。10時過ぎ。

やっぱりのんびり修理。

ぼくの自転車はタイヤを外した方がパンクの修理をしやすいんです。

でも自転車屋さんはタイヤを付けたまま修理を始めます。

チューブがブレーキに引っかかる。

(タイヤ外した方が・・)この声が喉まで出かかる。

我慢。(ワッフル醗酵させ過ぎちゃうな。)

10時15分。

やっぱりのんびり。

でも腕は確かっぽい。

少し古いお店なので、古いバイクが置いてある。

Mint とか Champ とか。

欲しいかも。

「あれ、いくらですか?」

「aR%&kasi(et0a」

何て言っているかわからなかった・・。

会話終了。

とにかく待つ。待つ。待つ。

やっと修理終了。10時25分。

自転車の空気を入れるところのキャップが最初からなかったのですが、サービスで付けてくれようと探しています。

(いや、それはいいからお会計を・・)

しかもサイズが大きいのでなかなかはまるキャップがありません。

(あの・・それは・・)

やっと見つかりました。

ぼくは千円を払って、丁重に挨拶をして、自転車に股がり、すごい勢いでペダルを踏み込みました。


ワッフルは醗酵させ過ぎたかな?

たばこの臭いはとれたかな?


ある朝のできごとでした。




自転車は好調です。








JITTERIN'JINN「くわえたばこのブルース」

| | コメント (2)

駐車場案内

只今休業中です。

---

ひつじ日和には駐車場がありません。
近くのコインパーキングなどをご案内します。

--
最近sevenができました。昼間は最安値。
--

7カ所のご案内。
いずれも徒歩3分程度の場所です。

図書館に用事があるならone
昼間ならseven又はtwo
19時以降ならsix
がお得なようです。

全体一覧
1


まずひつじ日和はここです。

one浜松城パーキング  地図
100円/30分
図書館提携駐車場(図書館利用で1時間無料)

2_5    

 

twoPARKINN元城  地図
8:00〜20:00 100円/45分  最大800円
20:00〜8:00 100円/30分  最大1000円

Photo_2

 

three浜松元城第2  地図
100円/25分 最大900円
15台

2_6


fourリパーク元城  地図
100円/30分  最大1000円
21台

Photo_4


five紺屋町第5  地図
200円/40分 最大1500円
8台

Photo_5


six紺屋町第1  地図
200円/40分
7:00〜19:00 最大1000円
19:00〜7:00 最大 500円
10台

Photo_6

sevenシステムパーク紺屋町
8:00〜18:00 100円/60分
18:00〜8:00 100円/30分
4台(交差点の角なので入り難いかもしれません。)

Photo

| | コメント (4)

シンラコウ

P9190105


台風が東海地方に接近中です。

今回の台風の名前は「シンラコウ」。

ミクロネシアの神様に由来しています。


去年のちょうど8月頭、うさぎ台風が日本にやってきました。

うさぎなのに台風です。

このコントラストに参ってしまいました。


お店の名前も「ひつじ台風」にしようかと思ったほど。



台風といえば、「たけしくん、ハイ!」。

菊次郎さんが「来た、来た、来た〜」といって暴風雨を喜ぶのです。


ぼくらも大学生のとき、台風を見に行きました。

場所は御前崎。

波の高さが半端じゃなく、停めていた車は波をまともにかぶり、雨漏りをおこしました。

一歩間違えばさらわれて遭難です。

男の子って馬鹿ですね。みなさん真似しないでください。






今この時間にこれを書いているという事は、お店には・・・。



お気をつけてお帰りください。









ビートたけし「たけしくん、ハイ!」





| | コメント (2)

グーチョキパンやさん、じゃんけんぽんやさん

開店してから3週間が経過しました。

ご来店いただいたみなさま、本当にありがとうございます。

もう何回も来ていただいている方もいて、本当に嬉しいです。


一方厨房では、

たまごを電動泡立て器でかき混ぜようとして、黄身だけ遠くに飛ばしてしまったり、


ワッフルの生地を醗酵させようとして、間違えてオーブン機能にしてしまい、何やら怪しげな焼き菓子を作ってしまったり、


洗い物がたまってしまい、慌てて大きな音を立ててしまったり、


落ち込んだりもしたけれど、なんとか元気にやってます。


来店していただいた方から、いろいろな質問をいただきました。

よくある質問を少しだけここで回答しておきます。


Q 本は古本ですか?新品ですか?

A 両方売っています。もう新品の方が多いかもしれません。
  ぼくが持っていたものは古本で売っています。
  その他のものは新しく仕入れいています。


Q ひつじ日和に置いてある、関西の”絵本が置いてあるカフェ”の特集をしていた雑誌は?

A エルマガジン です。
  2008年10月号はひつじ日和でも売っています。


Q コーヒー美味しいですね。

A ひつじ日和のコーヒーはポンポンさんのコーヒーです。
  美味しさの秘密は豆です。
  全国発送しています。是非ご利用ください。
  コーヒーのこだわりについてはそのうちブログに書きます。
  ここにも少し書いています。


Q 面白い建物ですね(特に箱階段)。どこの建築会社ですか?

A 設計は誠風庵の大山さん、建築は藤森工務店さんにお願いしました。
  箱階段やロフト、那智石、墨入りの土間などは全て大山さんから提案いただいたものです。
  とてもぼくの知識では無理でした。
  バランスの良い建築士さんです。   


  


宮崎駿「魔女の宅急便」 原作:角野栄子

| | コメント (6)

中野区のナカタです。

中野区のナカタさんは、内緒ですが、猫と会話ができます。

ナカタさんはある人に頼まれて、行方不明の猫を探します。

しかしなかなか見つかりません。

ある日大きな犬に出会います。

犬はナカタさんをある家に連れて行きます。

そこにいたのは・・・。



あの有名なお酒のシンボルのようなかっこをした人でした。


そうです。ジョニー・ウォーカー。


ひつじ日和にもジョニー・ウォーカーさんがやってきました。

お酒のメニューにスコッチウィスキー、ジョニー・ウォーカー黒ラベルが追加。

1オンス 400円
2オンス 700円


ジョニー・ウォーカー片手に、「海辺のカフカ」を読んでください。






P9120091






村上春樹「海辺のカフカ」

| | コメント (4)

透明緑ポーラーベア

シロクマがミドリクマになった。

そんなメールを昨晩受け取りました。


東山動物園のシロクマが、ある理由でになってしまったのです。

なぜ緑になってしまったかというと、シロクマの体毛に秘密があります。


伊坂幸太郎さんの「透明ポーラーベア」を読むとその謎が解明できます。


それだけじゃなく、とても好きな物語。







伊坂幸太郎「透明ポーラーベア」




| | コメント (0)

羊、月に吠える

その夜、羊は月に向かって吠えました。

なぜ吠えたかは内緒です。

でも、いいことが嫌なことよりも多い事は確かです。

羊よ。

なぜおれはこれなんだ。


スーパーで、小さな女の子が小さな買い物かごにマーガリンを入れていました。

お母さんがすぐに飛んできて「マーガリンはいらないの」とかごから出して棚にもどしました。

その子はきっと、お母さんのように買い物がしたかったんです。

いつもお母さんはあのマーガリンを買っているでしょうね。




それを見ていた羊が、月に向かって吠えました。


狼の血筋じゃないけれど。


満月じゃないけれど。



深く。











Mr.Children「羊、吠える」
萩原朔太郎「月に吠える〜悲しい月夜〜」

| | コメント (0)

ねじまき鳥のホットサンド

村上春樹さんのねじまき鳥のクロニクルは、電話のシーンが印象的です。

何か食べ物を用意している時に決まって電話がかかってきます。

電話の内容も興味深いのですが、そのときに作っている食べ物が本当に美味しそうなんです。

その一つがホットサンド。

トマトにチーズに。

ああ、食べたい。

そこで、ひつじ日和でもホットサンドを始めます。

ねじまき鳥のチーズと野菜のホットサンド。

プラス150円でコーヒー、紅茶。

終日やります。

作るのに少しだけお時間くださいね。


そして、ワッフルもたくさんの方に食べていただきたいので、店内でも1個から注文できるようにしました。

お持ち帰りと同じ価格の150円になります。

ワッフルプレートはワッフルセットに。 ワッフル二つとコーヒーor紅茶で550円。

トッピングも用意します。(ホイップクリーム、バニラアイス、チーズクリーム、各50円)

今なら期間限定でいちごジャムもあります。

ホイップクリームを付けていたのですが、おそらくあまり好きじゃない方もいるのでしょうね。

ワッフルはそのままでも美味しいと思いますので、このようにしました。

メニューはこちらから



村上春樹「ねじまき鳥のクロニクル」

| | コメント (1)

チェコアニメ

Sh010135

今朝、急遽チェコのアニメを見てきました。

映画館で。

見に行ってもお店をちゃんと空けることができることができる時間でした。

チェコのアニメは、内容はかなりブラックですが、絵は絵本そのままの感じでとてもよいですね。

月曜の朝から、映画館でチェコのアニメなんて。

ただ、欠点が空調でした。

寒すぎます。

いしいしんじさんが、「いしいしんじのごはん日記」で言ってます。

建物の中が寒すぎ、だと。

冷房でますます人間が人間らしくなくなってきている、と。

いしいしんじさんに同感です。

ぼくは今年の夏をエアコン無しで乗り切ったので、本当に同感です。





いしいしんじ「いしいしんじのごはん日記」

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »