« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

夜空に星が奇麗

いつもはバスで通勤ですが、今日は訳あって自転車で出勤しました。

帰りに杏林堂に寄りました。

買い物をして自転車に乗る準備をしていたところ、 男の子がじっとこっちを見ています。

何か昔おなじようなことがあったな、 とデジャヴのような感覚に陥りました。

そうだ、思い出した。

高校のときです。

家まで10km以上の生徒は原付通学が許されていました。

同じ中学出身の友達は、たいてい原付で通学していました。

その日は、原付で事故った友達のお見舞いをしようと、 学校帰りに3人で病院に行きました。

お見舞いを終え、駐輪場から原付を出しました。

男の子がお母さんと歩いていました。

友達の一人の原付は真っ赤なかっこいいスポーツタイプです。

それを見た男の子が「ジュウレンジャーだ!」と叫びました。

赤のバイクに、臙脂のウィンドブレーカーに、フルフェイスのヘルメット。

その男の子には、まるっきりジュウレンジャーに見えたのです。

中身は平凡な高校生なのに。

でもその友達は、男の子の期待に答えるように、 軽く手を挙げて、アクセルをふかし、発進しました。

それはぼくが見ても、かっこよかった。


しかし今日は違いました。

その男の子の目を見つめて訴えました。

「そんな立派なもんじゃないよ、はらぺこあおむし好きの怪しいおじさんさ」

そしてちゃりちゃりーん、と杏林堂の買い物袋を片手に去るのでした。






斉藤和義「夜空に星が奇麗」

| | コメント (1)

着工です。

いよいよ着工です。

ローンもokとの連絡をいただきました。

着々と準備を進めなければ行けない。

お店の名前

本のセレクト

グッズのセレクト

お茶、ケーキのメニュー

看板

食器

ちょっと考えただけでもまだまだたくさん

やるべきことがあります。

それにしても思ったよりも狭いかも。

覚悟はしていたのですが・・。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »